浪人に失敗しての就職???

Sponsored Link

浪人で失敗してからの就職は厳しい

それほど多いケースではありませんが、一定数出てしまうのが浪人を失敗して就職する道を選ぶ人です。また、大学へ進んでも浪人の失敗がのちの就職活動に支障をきたす場合もあります。

 

希望の大学に合格できなかったからという人もいますし、そもそも一つも合格できなかったという人もいます。浪人期間が長くなり、多浪してしまうと変なプライドも生まれてしまい、○○に合格できなかったら就職すると言い出す人はやはり毎年いるようです。

 

浪人で失敗し、第一志望でない大学へ進学してからの就職

もちろん大学のレベルによりますが、やはりいつの時代でも大卒の就職活動は学歴が付きまといます。他大学の友人と一緒に同じ会社の説明会の予約しようとすると、片方の学生は全日程予約可能になっているのに、一方の大学ではすべて満席と表示されることもあります。厳しい現実ですが、これも現実に起きていることです。

 

ただし、すべてが悪いことばかりではない

ただし、学歴的に満足できない大学へ進むことは全てがデメリットとは限りません。たとえばその地域に強い特徴があったり、地元企業との強固なつながりがあるケースも少なくありません。また、過去の採用実績が多いなど、特定の企業と結びつきが強いケースもあります。

 

レベルの高い大学へ進めばどの企業にも足切りされることがなくなりますが、それだけで就職活動が楽に進められるかというと意外とそうでもありません。結局はその人の人柄や能力、面接の印象が大事ですので、学歴は入り口に過ぎないのも事実です。就職活動も経験しましたが、あまり大学のレベルにコンプレックスを持ちすぎるのも考えようです。

 

 

浪人で失敗してそのまま就職するケース

高卒で就職する人も多いので、このケースを失敗と言い切ることはできませんが、受験に合格できなかったという一面では失敗と言えるかもしれません。浪人失敗からの就職となると、就職斡旋口がないので自力で探す必要が出てきます。

 

ハローワークや求人誌、新聞などの求人広告がメインになります。名の通った大企業でスーツを着て出社するというエリート系の職種に進むのはやはり厳しいかもしれませんが、現場から始まり徐々にステップアップしていく人もいます。とりあえず始めたアルバイトから社員になる人もいますが、ダラダラとフリーターを続けてしまう人もいるので、本当に人それぞれです。

 

私が浪人していた時も、2浪で希望の大学に進めず就職した人もいますが、音信不通になってしまいました。滑り止めの大学では満足できず、後期日程で入試に挑んだものの惨敗し、滑り止めの大学にすら行かなかったそうです。浪人して受験に失敗してからの就職に負い目を感じてしまい、友人関係をその時点で清算してしまう人が多いのも特徴です。

 

 

もし今浪人生でいるなら、全力を尽くせ

あなたがもし現時点で大学への入学の道を残しているのであれば、全力を尽くしましょう。就職はダメだなんて言うつもりは一切ありませんが、やはり大学へ行きたかったという気持ちを残したまま過ごすのは気持ちのいいものではありません。

 

合格に向けて不安に感じることが多く、もし失敗して就職することになってしまったら…と想像しているのであれば、さっさと勉強に戻りましょう。その想像に費やしている時間がもったいないです。



Sponsored Link