浪人生

Sponsored Link

1年間の浪人生活で人生を棒に振りたくないすべての浪人生へ

当サイトは浪人経験者が「大学受験で大失敗・後悔しないための浪人生活の秘訣」を語るサイトです。このサイトでは、浪人生が後々後悔しないために厳しい現実を突き付けます。そうでもしないと、目が覚めないからです。

 

少しでも多くの浪人生が「あのとき勉強しておけばよかった」と後悔しないために、私が経験してきたこと、必要だと思うことをすべて伝えます。

 

 

10年前に浪人を経験した今だから思う「浪人生活の大切さ」

私が大学受験のために浪人生活を送っていたのはかれこれ10年ほど前のことになります。私は1年間の浪人生活で希望の大学、希望の学部だった第一志望のに進学し、卒業しました。今では浪人生活はいい思い出で、自分の人生の中でももっとも充実かつ頑張った1年間です。

 

私がこのような、「良き思い出」として浪人生活を思い出せるのはなぜだと思いますか?その理由はたった一つ、結果を出したからです。自分の希望する第一志望の大学の合格を勝ち取り、成功体験として自分の自信になっているので、今でも浪人生活を思い出すときにポジティブな感情です。全く嫌な感情はありません。

 

しかし、もし失敗していたらどうでしょうか?思い出したくもない、嫌な思い出になっていたはずです。もしくは、その後の生活で何かに躓いたら「あのときもっと勉強していたら」、「○○大学に合格していたら」とずっと心の中で後悔し、引きずって言っていたかもしれません。

 

実際、浪人生活で知り合った友人の中で大学受験に失敗した人には悲惨な生活を送っている人もいます。就職活動の時に、学歴コンプレックスを発動させてしまう人もいました。実際、「学歴なんて今の時代はもうすでに無関係」という人もいますが、一定ライン以下の大学だけ会社説明会の予約が取れないなんて日常茶飯事です。そのようなことを私は間近で経験してきました。

 

 

浪人生活の成功と失敗がその後の人生を大きく左右するという現実

浪人生活というには、その後の人生を大きく左右します。受験から10年経過した今だから言えますが、正直シャレにならないほど、左右します。

 

浪人生というのは非常に孤独で、プレッシャーと戦わなければいけません。勉強しなければいけないと分かっているのに、楽しい方になかり流されてしまうと、後々痛い目に合います。

 

やるべきことや直視しなければいけない現実から逃避していると、受験が直前に迫った時にそのツケを払わされます。そして、引きずったままその後の人生を送ることになります。そうなりたくなければ、厳しい現実も受け入れ、やるべきことを理解し、淡々と、粛々と手を動かす必要があります。

 

一人でも多くの浪人生が、このサイトを通じて成功を勝ち取ることえを心から願っています。



Sponsored Link